防犯泥棒大百科はセキュリティハウス総合防犯設備士が監修しています。
防犯泥棒大百科
 
防犯泥棒大百科 ホーム 防犯情報 泥棒情報 防犯チェック 泥棒小話 トピックス 住宅の火災対策 女性の防犯対策 子供・学校の防犯対策 老人を狙った犯罪 海外旅行時の防犯対策 自動車の盗難 寺・神社の犯罪事情 農作物の被害
過去の泥棒小話
  1. 歴史の中の大泥棒
  2. 堪えます・耐えます・忍ぴ…
  3. ダイヤモンドは永遠の輝き
  4. 高層住宅が狙われている!
  5. おしやれ最前線-泥棒編-
  6. 花嫁さんお気をつけて!!
  7. インテリ泥棒の巻
  8. 防犯係になった大泥棒
  9. 盗っと、当世気質
  10. 説教泥棒
  11. 泥棒道の研究
  12. 大型ドロの話
  13. ルパン参上
  14. アパートの鍵、貸します
  15. スリ道
  16. 泥棒稼業、色々あれど
  17. 泥棒があかす、泥棒の本音
  18. 耐火金庫は防犯金庫に…
  19. なるほど・ザ・ドロボウ
  20. セキュリティのルーツを探る
  21. 泥棒大記録
  22. シナリオは綿密に
  23. 天才サギ師の華麗なる犯罪
  24. 犬と泥棒
  25. ファッショナブル・ドロボウ
  26. 泥棒大図鑑〜これが泥棒
  27. 泥棒家業も楽じゃない
  28. 三種の神器
  29. 身軽で器用〜MR.DOROBO
  30. お人良しでドジなドロボウ
  31. 「泥」と「棒」でどうして泥棒?
  32. 紀元前のどろぼう
  33. 泥棒も、ダイエットの時代?
  34. ジェット機に乗って、空を…
  35. あー、お鍋の勢揃い
  36. マンガで自供する漫画家泥棒
  37. 私、うわさのMr.レディ
  38. つばめの恩返し
  39. どろぼう、変わりみの術
  40. 入院中の夫が妻を守る
  41. コレクションもほどほどに
  42. どろぼうの足の正体は?
  43. 大富豪の悲劇
  44. 泥棒稼業を悔やむ時
  45. イギリス−空き家の季節
  46. 小さなポシェット
  47. 大粒の涙は反省の色
  48. 田んぼの中のかかし泥棒
  49. クイズ、泥棒は誰だ!
  50. 下着ドロボーの巻
  51. こんな弟子にはご用心
  52. 男の手料理
  53. 刑事冥利につきます
  54. 8歳の少年がドロボー退治
  55. いと、をかし身内のドロボー
  56. 普段から心掛けてね
  57. どろぼうに追銭の智恵
  58. 泥棒のプライド
  59. 盗んだもの返すから10円・・・
  60. 映画「自転車泥棒」
  61. ラーメン調理中に逮捕
  62. 盗んだのはパワーシャベル
  63. 泥棒もマニュアル管理
  64. ご褒美は商売道具のベンツ
  65. 車8台を使い分けて空き巣
  66. 謝れば許される??
  67. 自転車行脚で寺社荒し70件
  68. ワンピース男。女装のまま
  69. 韓国の大泥棒 東京で御用
  70. 経営悪化で建築金物業…
  71. 浴衣を着て、いい湯だな。
  72. ご注文に応じて盗みます
  73. 生徒データから侵入先の…
  74. 太りすぎ、出腹がつかえて…
  75. 自動販売機から手が…
  76. 車上荒らし500件
  77. 侵入民家で「ビールとつまみ」
  78. 窓から「釣り上げ」窃盗
  79. 2階から投げ飛ばされる
  80. 最初のお客は金庫盗難
  81. 貴重品ボックスの暗証番号
  82. ストップウオッチは必需品?
  83. 嘘の110番通報が仇で逮捕
  84. 私立より入りやすい国立大学
  85. 冷凍庫の中から「助けて」…
  86. 「訓練です」来店客もだまされ
  87. シャーペン泥棒 御用!!
  88. 盗んだスイカをお中元に!
  89. 葬儀の留守宅狙い窃盗
  90. 先生、盗難にご注意!!
  91. 香典ドロ 制服は喪服
  92. 湯けむり窃盗ツアー
  93. 3階建て住宅を狙え。
  94. 「近所で気軽」コンビニ強盗
  95. 制服を着たニセ学生が…
  96. ターゲットは男性独身寮
  97. 「スパイダーマン」現る
  98. タクシーで乗り付け強盗
  99. 沖縄の熱い心に強盗ノック…
  100. 筆談強盗
  101. コンビニ強盗、3万円…
  102. お札にちょび髭
  103. 貯金箱ばかり狙い…
  104. おしゃべり・マッサージ強盗
  105. シルクハットの怪盗…
  106. 泥棒が留守の家に1ヶ月…
  107. 携帯占いで運勢の良い方角
  108. においをかぎわけ、女性宅
  109. 新築アパートを狙った…
  110. ベンツに背広姿の泥棒
  111. セーラー服と窃盗犯
  112. ひったくり犯 一目ぼれ
  113. 救急車を盗んだ男
  114. 盗んだ自転車で走り出し…
  115. 郵便ポスト盗難
過去の泥棒小話
Vol.1 『歴史の中の大泥棒』

 「泥縄」つまり「泥棒を捕まえて縄をなう」をはじめとして、「泥棒に追い銭」「泥棒にも三分の道理」と昔からことわざにまでなっている泥棒ですが、過去の歴史の中で有名な泥棒をリストアップしてみると・・・やはり、石川五右衛門と鼠小僧次郎吉の二大“双璧(?)”をおいて他には考えられません。

石川五右衛門
 安土桃山時代に“活躍”、37歳の時に、京都三条河原で釜ゆでの刑に処せられた、と伝えられています。ご存知、五右衛門風呂の由縁ともなっています。江戸時代、浄瑠璃や歌舞伎で演じられたため有名になった五右衛門ですが、花に囲まれた朱と金色の京都・南禅寺山門で、「絶景かな、絶景かな」と見えを切る場面は特に有名です。

鼠小僧次郎吉
江戸末期の盗賊、背低く身軽、五右衛門と同じ年で獄門に処せられています。彼も五右衛門と同様、義賊として、小説・講談・戯曲などの題材となっていますが、果たして本当に「庶民の味方」だったのでしょうか。真相はというと、封建支配者たる武家屋敷へのいやがらせをはかって屋敷に忍び入ったのではなく、単に“盗難に対して用心深い町家を避け、特に厳重な金持ちの町家は避けて通った”ということ。

石川や 浜の真砂は 尽くるとも 世に盗人の種は尽きまじ

全く、五右衛門の“辞世の句”の通りではありませんか。


次の泥棒小話へ
ページのトップへ